日本モーゲージバンカー協議会の事業概要をご紹介いたします。

協議会の目的

  • 一般社団法人日本モーゲージバンカー協議会は、独立行政法人住宅金融支援機構の住宅貸付や住宅融資保険等の取り扱いを含む住宅金融を中心的業務とする法人が、それぞれの自主性と競争的な環境を尊重しつつ、相互における連絡調整、情報交換等を行うとともに、会員の行う住宅金融に関する情報発信、普及啓発活動等を行い、消費者保護等の観点から行う自主規制、海外の同種団体との交流、共同調査等を行うことにより、住宅金融業務の適切かつ円滑な運用に資し、もって国民経済の健全な発展に資することを目的とします。

事業内容

  • 日本モーゲージバンカー協議会は、主に以下の事業を行います。
    1. 会員が行う住宅融資関連業務に関する住宅金融支援機構、金融機関その他関係諸機関等との連携、情報交換、意見交換等
    2. 会員が行う住宅金融関連業務に関する消費者保護等の観点から行う自主規制
    3. 会員が行う住宅金融関連業務に関する普及及び啓発
    4. 会員が行う住宅金融関連業務に関する情報の収集及び提供
    5. 会員が行う住宅金融関連業務に関する人材の育成
    6. 会員共通の利益となる住宅金融関連事業の実施
    7. その他本協議会の目的を達成するために必要な事業

沿革

  • 平成17年7月22日 任意団体として設立
  • 平成22年3月31日 任意団体を解散し、一般社団法人を設立

役員

  • 代表理事(会長)
    • 大垣 尚司(青山学院大学 法科大学院 教授)
  • 理事(副会長)
    • 安藤 直広(日本住宅ローン株式会社 代表執行役社長)
  • 理事
    • 五十川 毅(アルヒ株式会社 取締役副社長)
  • 理事
    • 松森 洋隆(株式会社ジェイ・モーゲージバンク 代表取締役社長)
  • 理事
    • 髙坂 明孝(日本モーゲージサービス株式会社 取締役副社長)
  • 監事
    • 桜井 雄二(全宅住宅ローン株式会社 常務取締役)

(平成30年6月8日現在)

事務局